痩身外来

痩身外来

外見に強くとらわれることで精神状態の悪化を引き起こすことがあるなど、精神状態と外見には強い関連が見られます。ライトメンタルクリニックでは精神状態を改善させる治療の一環として、痩身治療を実施しています。

当院における痩身治療

当院では、自然に食欲を抑えるダイエット注射(GLP-1)と、健康的な減量のための考え方・生活様式を習得するCBT-OB(肥満に対する認知行動療法)からなる痩身治療を実施しています。
どちらか単独でも治療できますが、これらを併用することにより、体重減少効果が増し、
長期的に体重をコントロールすることが可能となります。

ダイエット注射(GLPー1)

GLP-1ダイエットとは

「GLP-1」とは、食事を摂ると小腸から分泌される、生理的に分泌されるホルモンです。
GLP-1の分泌量が多いと食欲が抑えられ、少量で満腹感を感じることができ、脂肪を分解しやすいので太りにくく痩せやすいと言われています。
GLP-1ダイエットは、GLP-1を注入することで食欲を抑制し、摂取カロリーを抑えることでダイエット効果を発揮させます。
なお、GLP–1は、二型糖尿病を効果・効能として承認されたもので、現時点では抗肥満薬としての安全性は承認されておりませんが、アメリカやヨーロッパでは肥満治療薬として承認されており、比較的ポピュラーな治療法として知られています。

副作用について

・治療初期に、胃部不快感・胃が張っている感じ・頭痛・便秘・下痢といった消化器症状が出ることがあります。
・注射部位に内出血が起こることがあります。
・注射部位が赤み、腫れ、かゆみが発生することがありますが、経過とともにできにくくなります。
※次の方はご使用ができません
・妊娠または授乳中の方
・1型糖尿病の方

安心の対面診療と低価格

当院では、医学的管理の観点から、ダイエット注射を対面診療にて行い、血液検査を含む定期的な診察を行っております。このことにより、副作用のリスクを最小化するとともに、合併症の予防も行うことができます。
また、当院のGLP–1ダイエットは、体重減少効果が最も優れているとされるオゼンピックのみを処方することで無駄を省き、低価格を実現しました。
なお、当院で取り扱っている薬剤は、東証一部上場企業の株式会社スズケンより仕入れています。

・John Blundell,et al. Effects of once-weekly semaglutide on appetite, energy intake, control of eating, food preference and body weight in subjects with obesity.2017 Sep;19(9):1242-1251. 
・Pratley RE, Aroda VR, Lingvay I, Lüdemann J, Andreassen C, Navarria A, Viljoen A; SUSTAIN 7 investigators. Semaglutide versus dulaglutide once weekly in patients with type 2 diabetes (SUSTAIN 7): a randomised, open-label, phase 3b trial. Lancet Diabetes Endocrinol. 2018; 6: 275-86.
・Capehorn MS, Catarig AM, Furberg JK, Janez A, Price HC, Tadayon S, Vergès B, Marre M: Efficacy and safety of once-weekly semaglutide 1.0mg vs once-daily liraglutide 1.2mg as add-on to 1-3 oral antidiabetic drugs in subjects with type 2 diabetes (SUSTAIN 10). Diabetes Metab. 2019; 101117.

症例写真

院長自ら試してみました

GLP-1ダイエットについては、院長も試してみました(※)ので、実際の使用経験に基づく助言等が可能です。

ライトメンタルクリニック院長 清水 聖童

※オゼンピック0.25mgを1ヶ月、同0.5mgを1ヶ月及び同1.0mgを1ヶ月、合計3ヶ月使用。

使用例:Fさん(28歳)のケース

ブライダルフォトに向け、ダイエットにチャレンジしたFさん。
2ヶ月で-7.8Kgの減量に成功しました。

※オゼンピック0.25mgを1ヶ月、同0.5mgを1ヶ月、合計2ヶ月使用。

正面写真

側面写真

使用例:Tさん(28歳)のケース

昔の体重に戻りたいとダイエットを決意したTさん
2ヶ月で-9.4Kgの減量に成功しました。

※オゼンピック0.25mgを1ヶ月、同0.5mgを1ヶ月、合計2ヶ月使用。

背面写真

側面写真

CBT-OB(肥満に対する認知行動療法)

CBT-OBの目的

GLP-1をはじめとする痩身治療も、体重をコントロールできる思考様式を獲得できなければ、リバウンドすることが多いとされています。このため、CBT-OBでは、体重減少が頭打ちになりやすい4~6ヶ月経過後においても、減量後の体重を維持することのできる思考並びに生活様式の習得を目指します。

例えば、食行動を変化させるための知識並びに様々なスキル(食事法など)の習得及び実践、スキルの実践に伴う課題に対する解決策の模索、減量が頭打ちになった後の体重維持に関する知識の習得などを行います。

費用について

ダイエット注射・CBT-OBのいずれも自由診療のため、全額自己負担になります。
なお、初診時の検査料等は別途必要です。

ダイエット注射

診察料(1ヶ月毎)10,000円
オゼンピック0.25㎎4筒 12,000円
オゼンピック0.5㎎4筒 24,000円
オゼンピック1.0㎎4筒 48,000円

※4筒で28日分です。なお、初回は副反応防止のため、0.25㎎以外選択できません。

【返金保証実施中】
効果が出なかった場合、診察料及び薬剤費用(初診時の検査費用は除きます)を返金いたします。
ただし、下記の条件があります。

・治療開始時、BMIが24以上であること
・2ヶ月目から投与量を0.5mgに増加すること
・初診時の体重からの減量が1kg未満であること

CBT-OB

1回 6,000円
1回 8,000円(治療開始から1ヶ月以降)

所要時間:最大50分程度

ご予約の際、初回ご利用の場合は「初診」を、
2回目以降ご利用の場合は「痩身外来」を選択してください。

治療までの流れ

診療予約

ご予約

医療ダイエットをご希望の方も、安全性評価のため、初診のご予約が必要です。
初診の予約は当ホームページから受付をしております。

          ご予約はこちら  

ご予約

医療ダイエットをご希望の方も、安全性評価のため、初診のご予約が必要です。
初診の予約は当ホームページから受付をしております。

     ご予約はこちら  

診察

初診

医療ダイエットのご希望を医師にお伝え下さい。簡単な問診と、注射の打ち方指導、副作用などの説明があります。

初診

医療ダイエットのご希望を医師にお伝え下さい。簡単な問診と、注射の打ち方指導、副作用などの説明があります。

検査

各種検査

お薬が安全に使えるかなどの評価のため、心電図検査や採血検査を行います(検査料は別途かかります)。
実際に治療を開始するのは、検査結果をお待ちいただいてからになります。

 各種検査

お薬が安全に使えるかなどを評価するため、心電図検査や採血検査を行います(検査料は別途かかります)。
実際に治療を開始するのは、検査結果をお待ちいただいてからになります。

セマグルチド (オゼンピック)

痩身外来を予約

次回予約の際、「痩身外来」からご予約下さい。受診を終え検査結果をお話しした後、相談の上治療方法を決定します。

痩身外来を予約

次回予約の際、「痩身外来」からご予約下さい。受診を終え検査結果をお話しした後、薬剤をお渡しします。

お知らせ

美容雑誌VoCEへの掲載について

この度、当院痩身外来における取組みについて、美容雑誌VoCEにてご紹介をいただきました。

当院へのアクセス

ライトメンタルクリニック 高田馬場院

〒169-0051 東京都新宿区西早稲田3丁目20-3
レガリアタワーレジデンスB1F

【早稲田通り沿いに立地する心療内科クリニックです】

🔶  JR線
JR線/高田馬場駅 徒歩12分(7番出口)

🔶  地下鉄
東京メトロ副都心線 / 西早稲田駅 徒歩5分(北改札口)
都電荒川線 / 面影橋駅 徒歩6分
東京メトロ東西線 / 高田馬場駅 徒歩6分(7番出口)
都電荒川線 / 学習院下駅 徒歩9分
都電荒川線 / 早稲田駅 徒歩12分
東京メトロ東西線 / 早稲田駅 徒歩14分(3b出口)

【建物の外観】

ライトメンタルクリニック外観
ライトメンタルクリニック外観入口

【夜間を主体に診療を行っています】

>

ライトメンタルクリニック 高田馬場院 
東京都新宿区西早稲田3丁目20-3レガリアタワーレジデンスB1F
TEL 03-6457-6040
診療日・時間 月~木及び土19:00~23:00 
※祝は原則診療
診療科目 心療内科、精神科

ライトメンタルクリニックは、新宿・高田馬場にて夜間診療を行っている精神科・心療内科クリニックです。次に掲げる考え方のもと、「夜間診療中心」「非薬物療法の充実」「遠隔診療の実施」「正確な診断」の4つを特徴とし、精神科・心療内科受診に抵抗のある方にこそ選ばれる医院を目指しております。
1.心身に不調を感じているにもかかわらず、日中忙しいことにより精神科・心療内科の受診を躊躇する方のニーズに応えるため、当院は夜間診療を中心に行っています。
2.副作用のリスク等から、薬物療法に抵抗感を感じる方にも精神科・心療内科の受診を検討いただけるよう、非薬物療法を充実させています。
3.通院が困難な方のニーズに応えるため、オンライン診療を実施しています。
4.Web問診ツールを活用した独自の分析を用い、より多くの情報を分析することで、正確な診断を行うことが可能です。
このほか、夜間のひとときをリラックスしてお過ごしいただけるための環境整備に努めてまいります。