当院で処方可能なお薬の種類

当院で処方可能なお薬の種類

抗精神病薬

統合失調症の治療薬として開発されたお薬ですが、統合失調症以外にも、幻覚や妄想を呈する病気に使われたり、うつ病や双極性障害などの他の疾患にも幅広く使われることがあります。ただし、服薬後に手が震えたり、いてもたってもいられないような症状が出る事があります(錐体外路症状)。

※代表的な薬剤

アリピプラゾール
(エビリファイ)

アリピブラゾール(エビリファイ)

リスペリドン
(リスパダール) 

オランザピン
(ジプレキサ)

抗うつ薬

主にうつ病の治療薬として開発されたもので、沈んだ気分を持ち直すことが主効果として期待されますが、不安もコントロールできるため、不安障害にも使われます。また、双極性障害や統合失調症のうつ状態に対して試される事もあります。ただし、主治医の許可なく急に減薬・中止すると、めまいや頭痛、耳鳴りやイライラなどの症状に代表される離脱症候群をきたすことがあります。 

※代表的な薬剤

セルトラリン
(ジェイゾロフト)

セルトラリン (ジェイゾロフト)

ミルタザピン
(リフレックス) 

ミルタザピン (リフレックス)

ミルナシプラン
(トレドミン)

ミルナシプラン (トレドミン)

抗不安薬

主に不安障害の治療薬として開発されたお薬で、不安や緊張を緩和させる効果があります。
不安症状は様々な精神疾患で出現する症状のため、数多くの精神疾患で処方されています。ただし、抗不安薬の多くに使われるベンゾジアゼピン系と言われる薬剤は、安易に長期間使用していると依存のリスクが高まります。

※代表的な薬剤

ロフラゼプ酸エチル
(メイラックス)

ロフラゼプ酸エチル (メイラックス)

アルプラゾラム
(コンスタン)

アルプラゾラム (コンスタン)

タンドスピロン
(セディール) 

タンドスピロン (セディール)

睡眠導入薬

主に睡眠障害の治療薬として開発されたお薬です。ベンゾジアゼピン系の薬剤が多く、抗不安薬と同様、耐性化と依存に注意が必要ですが、非ベンゾジアゼピン系の薬剤もあります。眠気を誘う効果を重視しているため、日中眠気が生じたり、ふらついて転倒してしまったりするリスクがあるため、通常は少量から開始します。

※代表的な薬剤

ゾルピデム
(マイスリー)

ゾルピデム (マイスリー)

ブロチゾラム
(レンドルミン)

ブロチゾラム (レンドルミン)

ゾピクロン
(アモバン)

ゾピクロン (アモバン)

気分安定薬

主に双極性障害の治療薬として使われています。気分が上がりすぎる時に気分を落ち着けたり、気分が沈みすぎな時に気分を持ち上げたりして気分の安定を保ちます。
 気分の波が立たないような予防効果が期待できますが、双極性障害は再発性が高いため、症状が改善しても投薬の継続が必要になることが多いです。

※代表的な薬剤

炭酸リチウム
(リーマス)

炭酸リチウム (リーマス)

バルプロ酸
(デパケン)

バルプロ酸 (デパケン)

ラモトリギン
(ラミクタール)

ラモトリギン (ラミクタール)

抗ADHD薬(精神刺激薬)

脳内物質の働きを調整することで、集中力や注意力を高めます。ADHDの多動性、衝動性の改善にも効果がある事が知られています。
副作用としては、睡眠障害や体重減少、頭痛やめまい、食欲低下が起こりやすいので注意が必要です。

※代表的な薬剤

アトモキセチン
(ストラテラ)

アトモキセチン (ストラテラ)

メチルフェニデート
(コンサータ)

メチルフェニデート (コンサータ)

グアンファシン
(インチュニブ)

グアンファシン (インチュニブ)

抗認知症薬

認知機能を改善、保持する効果が期待されている薬剤であり、認知症に効果があります。
ただし、認知症においては認知機能を永遠に保持できるものではなく、症状はゆるやかに進行していきます。薬物療法だけでなく、生活習慣を見直して進行を抑制する視点が必要です。

※代表的な薬剤

ドネペジル
(アリセプト)

ドネペジル (アリセプト)

メマンチン
(メマリー)

メマンチン (メマリー)

リバスチグミン
(リバスタッチ)

リバスチグミン (リバスタッチ)
>

ライトメンタルクリニック 高田馬場院 
東京都新宿区西早稲田3丁目20-3レガリアタワーレジデンスB1F
TEL 03-6457-6040
診療日・時間 月~木及び土19:00~23:00 
※祝は原則診療
診療科目 心療内科、精神科

ライトメンタルクリニックは、新宿・高田馬場にて夜間診療を行っている精神科・心療内科クリニックです。次に掲げる考え方のもと、「夜間診療中心」「非薬物療法の充実」「遠隔診療の実施」「正確な診断」の4つを特徴とし、精神科・心療内科受診に抵抗のある方にこそ選ばれる医院を目指しております。
1.心身に不調を感じているにもかかわらず、日中忙しいことにより精神科・心療内科の受診を躊躇する方のニーズに応えるため、当院は夜間診療を中心に行っています。
2.副作用のリスク等から、薬物療法に抵抗感を感じる方にも精神科・心療内科の受診を検討いただけるよう、非薬物療法を充実させています。
3.通院が困難な方のニーズに応えるため、オンライン診療を実施しています。
4.Web問診ツールを活用した独自の分析を用い、より多くの情報を分析することで、正確な診断を行うことが可能です。
このほか、夜間のひとときをリラックスしてお過ごしいただけるための環境整備に努めてまいります。