注射療法

注射療法

外見に強くとらわれることで精神状態の悪化を引き起こすことがあるなど、精神状態と外見には強い関連が見られます。また、精神状態の悪化に伴い疲労感や精神的負荷が強くなることがあります。
ライトメンタルクリニックでは精神状態を改善させる治療の一環として注射療法を実施しています。

当院における注射療法

当院で実施している注射療法は次の通りです。
・ダイエット注射(GLP-1)
・抗酸化・全身美白 白玉注射
・疲労回復にんにく注射
他の療法と併せて実施可能です。
※本診療は、自由診療の枠内で行っております。そのため、健康保険の適用はなく、全額自己負担となりますのでご了承ください。

ダイエット注射(GLPー1)

GLP-1ダイエットとは

「GLP-1」とは、食事を摂ると小腸から分泌される、生理的に分泌されるホルモンです。
GLP-1の分泌量が多いと食欲が抑えられ、少量で満腹感を感じることができ、脂肪を分解しやすいので太りにくく痩せやすいと言われています。
GLP-1ダイエットは、GLP-1を注入することで食欲を抑制し、摂取カロリーを抑えることでダイエット効果を発揮させます。
なお、GLP–1は、二型糖尿病を効果・効能として承認されたもので、現時点では抗肥満薬としての安全性は承認されておりませんが、アメリカやヨーロッパでは肥満治療薬として承認されており、比較的ポピュラーな治療法として知られています。

副作用について

・治療初期に、胃部不快感・胃が張っている感じ・頭痛・便秘・下痢といった消化器症状が出ることがあります。
・注射部位に内出血が起こることがあります。
・注射部位が赤み、腫れ、かゆみが発生することがありますが、経過とともにできにくくなります。
※次の方はご使用ができません
・妊娠または授乳中の方
・1型糖尿病の方

安心の対面診療と低価格

当院では、医学的管理の観点から、ダイエット注射を対面診療にて行い、血液検査を含む定期的な診察を行っております。このことにより、副作用のリスクを最小化するとともに、合併症の予防も行うことができます。
また、当院のGLP–1ダイエットは、体重減少効果が最も優れているとされるオゼンピックのみを処方することで無駄を省き、低価格を実現しました。
なお、当院で取り扱っている薬剤は、東証一部上場企業の株式会社スズケンより仕入れています。

・John Blundell,et al. Effects of once-weekly semaglutide on appetite, energy intake, control of eating, food preference and body weight in subjects with obesity.2017 Sep;19(9):1242-1251. 
・Pratley RE, Aroda VR, Lingvay I, Lüdemann J, Andreassen C, Navarria A, Viljoen A; SUSTAIN 7 investigators. Semaglutide versus dulaglutide once weekly in patients with type 2 diabetes (SUSTAIN 7): a randomised, open-label, phase 3b trial. Lancet Diabetes Endocrinol. 2018; 6: 275-86.
・Capehorn MS, Catarig AM, Furberg JK, Janez A, Price HC, Tadayon S, Vergès B, Marre M: Efficacy and safety of once-weekly semaglutide 1.0mg vs once-daily liraglutide 1.2mg as add-on to 1-3 oral antidiabetic drugs in subjects with type 2 diabetes (SUSTAIN 10). Diabetes Metab. 2019; 101117.

院長自ら試してみました

GLP-1ダイエットについては、院長も試してみました(※)ので、実際の使用経験に基づく助言等が可能です。

ライトメンタルクリニック院長 清水 聖童

※オゼンピック0.25mgを1ヶ月、同0.5mgを1ヶ月及び同1.0mgを1ヶ月、合計3ヶ月使用。

使用例:Fさん(28歳)のケース

ブライダルフォトに向け、ダイエットにチャレンジしたFさん。
2ヶ月で-7.8Kgの減量に成功しました。

※オゼンピック0.25mgを1ヶ月、同0.5mgを1ヶ月、合計2ヶ月使用。

正面写真

側面写真

使用例:Tさん(28歳)のケース

昔の体重に戻りたいとダイエットを決意したTさん
2ヶ月で-9.4Kgの減量に成功しました。

※オゼンピック0.25mgを1ヶ月、同0.5mgを1ヶ月、合計2ヶ月使用。

背面写真

側面写真

抗酸化・全身美白 白玉注射

白玉注射は、美白効果の高い「グルタチオン」という成分を配合した美容注射です。
海外セレブが取り入れたことで注目され、名前が広がりました。
グルタチオンとは、3つのアミノ酸が結合してできたもので、強力な解毒・抗酸化作用があります。
定期的な補充をすることで、老化の原因とされる「体のサビ」活性酵素を抑制する抗酸化作用が高まり、美白・美肌効果を発揮します。
当院では、白玉注射の成分にビタミンCを1000㎎配合しています。内服より吸収率が高く、美白効果をより高め、さらに疲労回復にも効果を期待できます。

ビタミンCの役割

免疫力強化や抗酸化作用をはじめ、コラーゲン生成・風邪予防に効果があります。
このコラーゲンが組織の結合を強めることで、肌のハリやキメを整えます。
ビタミンCを十分に摂らないことが、色素沈着やシミ、ソバカス、タルミの原因になるとも言えます。
また、血管や皮膚、粘膜や骨を強くし、ウイルスが侵入するのを防ぎます。
喫煙や精神的ストレスでビタミンCは大量消費されるので、適宜十分な補給が必要です。
水溶性ビタミンであることから、摂り過ぎによる害はありません。

グルタチオン3つのアミノ酸 作用

グルタミン酸

美白効果、脂肪蓄積抑える、脳活性化

システイン

皮膚の黒いメラニン色素の産生抑制

グリシン

皮膚のコラーゲン原料、快眠効果

具体的な効果

・美容効果(全身美白、肝斑・シミ・くすみ改善、透明感のある明るい肌に)
・抗酸化作用、活性酵素(老化の原因)除去
・慢性疲労、ストレス過多、風邪の初期症状
・肝機能障害の予防
・薬物中毒(化学物質・重金属デトックス)、アセトン血症、嘔吐症
・慢性皮膚炎、蕁麻疹、化学物質過敏症
・閉塞性動脈硬化症
・抗がん剤(シスプラチン)による抹消神経障害、線維性筋痛症
・パーキンソン病
パーキンソン病の原因とされるドーパミン受容体の感受性を高めると考えられる。さらに、セロトニン受容体を高めることで、パーキンソン病でよくみられるうつ病改善にも有効

※当院では、妊娠中の方への投与はご遠慮頂いています

副作用について

副作用の出現は0.1%以下で、一過性の頭痛や嘔気がでることがありますが、注射終了後に治まります。
極めてまれに、肝機能障害や低血糖発作を引き起こすことがあります。低血糖予防には、注射前にお食事を摂って頂く事で予防できます。
非常に稀な副作用として、アナフィラキシー様症状(顔面蒼白、血圧低下など)が現れる場合は、投与を中止いたします。

疲労回復にんにく注射

ビタミンB1を主成分とする接種を行うことにより、新陳代謝の活発化や肉体疲労の低減に効果が期待できます。
なお、実際に「にんにく」が入っているわけではありません。硫化アリルという成分が、にんにくの匂いがすることから、通称「にんにく注射」と呼ばれています。
ビタミンB1は体内に吸収されにくいため、当院では腸管吸収がよく全身に移行しやすいビタミンB1誘導体を使用しています。また、効果・効能をより実感を頂けるよう、ビタミンB1、B6、B12、ビタミンCをバランスよく独自割合で配合したスペシャルにんにく注射も用意しています。
(ビタミンB1及びB1誘導体単剤使用をにんにく注射と表記する医療機関もあります。)

具体的効果

1回の注射による即効性効果

疲労回復、風邪の早期回復、二日酔い、免疫力強化

継続投与にて実感できる効果

肝機能回復、代謝改善、冷え性改善、胃腸の機能回復、滋養強壮、首筋や肩こり、腰痛軽減、神経痛の軽減、不眠症への改善、ストレス解消、肌のハリツヤ回復

副作用について

ビタミン製剤が主成分なので、副作用が起こる可能性は極めて稀で、深刻な副作用はありません。
起こり得る副作用としては、アレルギー反応・消化器症状(下痢・嘔気)・頭痛などです。
また、軽い不快症状として、注射時のにんにく臭による吐き気や胸の苦しさ、注射をすることで急に血管が拡がるため血管痛が現れる方がいます。ただし、にんにく臭は大体10~15分で消えるのと、揮発性成分はないため口臭がすることはありません。血管痛に対しては、ゆっくり投与することで軽減されます。

費用について

いずれも自由診療のため、全額自己負担になります。
なお、初診時の検査料等は別途必要です。

ダイエット注射

診察料(1ヶ月毎)11,000円
オゼンピック0.25㎎4筒 13,200円
オゼンピック0.5㎎4筒 26,400円
オゼンピック1.0㎎4筒 52,800円

※4筒で28日分です。なお、初回は副反応防止のため、0.25㎎から開始することをお勧めします。

白玉注射

費用:3,630円
内容:グルタチオン600mg

推奨頻度:
最初の2か月は1回/1週間、その後1~2回/月が目安です。
美白効果につきましては個人差がありますが、平均10回程で効果を実感できます。

にんにく注射

費用:1,380円
   2,300円(スペシャル)

推奨頻度:
治療間隔に特に決まりはありません。
1回の治療でも効果を実感していただけますが、始めの6週間は週1~2回のペースで受けられると更に効果的です。
個人差はありますが、効果の持続は7~14日ですので、定期的に注射を打つのであれば1回/1~2週間くらいが平均的です。
運動をしている方、仕事がハードな方、ストレスの多い方は2~3回/1週間の接種をお勧めしています。

ダイエット注射ご希望の方は
「痩身注射」を選択し予約してください。
白玉・ビタミンC・にんにく注射をご希望の方は
「注射療法」を選択し予約してください。

初回の流れ

※すでに初診がお済みの方は、ご来院時にお申し出ください。

診療予約

ご予約

まずは初診のご予約をお取り下さい。
初診の予約は当ホームページから受付をしております。

          ご予約はこちら>

ご予約

まずは初診のご予約をお取り下さい。
初診の予約はWebから受付をしております。

    ご予約はこちら  

診察

初診

注射療法のご希望を医師にお伝え下さい。

初診

注射療法のご希望を医師にお伝え下さい。

面接

説明・実施

当院のスタッフから注射療法の具体的な説明を行います。
不安などあれば気兼ねなくご相談下さい。
治療方針に同意いただけましたら、注射療法を実施します。

 説明・実施

当院のスタッフから注射療法の具体的な説明を行います。
不安などあれば気兼ねなくご相談下さい。治療方針に同意いただけましたら、注射療法を実施します。

アクセス・診療時間

ライトメンタルクリニック 高田馬場院

〒169-0051 東京都新宿区西早稲田3丁目20-3
レガリアタワーレジデンスB1F

【早稲田通り沿いに立地する心療内科クリニックです】

🔶  JR線
JR線/高田馬場駅 徒歩12分(7番出口)

🔶  地下鉄
東京メトロ副都心線 / 西早稲田駅 徒歩5分(北改札口)
都電荒川線 / 面影橋駅 徒歩6分
東京メトロ東西線 / 高田馬場駅 徒歩6分(7番出口)
都電荒川線 / 学習院下駅 徒歩9分
都電荒川線 / 早稲田駅 徒歩12分
東京メトロ東西線 / 早稲田駅 徒歩14分(3b出口)

【建物の外観】

ライトメンタルクリニック外観
ライトメンタルクリニック外観入口

【夜間を主体に診療を行っています】

>

ライトメンタルクリニック 高田馬場院 
東京都新宿区西早稲田3丁目20-3レガリアタワーレジデンスB1F
TEL 03-6457-6040
診療日・時間 月~木19:00~23:00 土10:00~18:00、19:00~23:00 
※祝は原則診療
診療科目 心療内科、精神科

ライトメンタルクリニックは、新宿・高田馬場にて夜間診療を行っている精神科・心療内科クリニックです。次に掲げる考え方のもと、「夜間診療中心」「非薬物療法の充実」「遠隔診療の実施」「正確な診断」の4つを特徴とし、精神科・心療内科受診に抵抗のある方にこそ選ばれる医院を目指しております。
1.心身に不調を感じているにもかかわらず、日中忙しいことにより精神科・心療内科の受診を躊躇する方のニーズに応えるため、当院は夜間診療を中心に行っています。
2.副作用のリスク等から、薬物療法に抵抗感を感じる方にも精神科・心療内科の受診を検討いただけるよう、非薬物療法を充実させています。
3.通院が困難な方のニーズに応えるため、オンライン診療を実施しています。
4.Web問診ツールを活用した独自の分析を用い、より多くの情報を分析することで、正確な診断を行うことが可能です。
このほか、夜間のひとときをリラックスしてお過ごしいただけるための環境整備に努めてまいります。