お薬を使いたくない方へ。

薬物療法は重要な治療法の一つ

【お薬に頼らない最新治療!これでうつ病が治る!】

【統合失調症はビタミン不足が原因!
向精神病薬は害あって一利なし!】

 

嗚呼…。本当、そうだったら良いよね…。

 

どうも、院長の清水でございます。

今回は、薬物療法についてのお話をしたいと思います。

上述したキャッチコピー、週刊誌に溢れていますよね。

場合によっては、巷のクリニックでも謳っている事があります。

…その場合、そのDrは精神科医でない可能性を疑った方がいいです。

 

私のクリニックは非薬物療法を充実させていますが、

決して、薬物療法はダメ!ゼッッタイという立場ではありません。

統合失調症のように、まず薬物療法!という精神疾患もありますし、
(服薬が維持できないと、他の治療をするために必要な疎通性も保たれません…)

うつ病や双極性障害でも、その症状が生活に支障をきたすレベルであれば

迷わずに、少なくとも一時的には薬物療法を勧めます。
(ちなみに、精神疾患は治癒という概念がなく、良くて“寛解”。再発の可能性は常にあります)

 

確かに、薬物療法の副作用は無視できません。

しかし同様に、薬物療法の効果やコストパフォーマンスの方も

無視してはいけません。

 

まともな精神医学のトレーニングを受けていれば、

まずもって効果と費用のバランスがよいのは薬物療法である事を

叩き込まれるはずなので、薬物療法を邪険にする医師は、

精神医学に精通していないかも?と疑った方がよいでしょう。

 

しかし、薬が必要!薬が必要!といかに医師が言っても、

そもそも受診していただかなければ治療そのものが始まりません。

当院では、そうった方の受診抵抗を低くするため非薬物療法を準備しているので、

薬はダメだよ!自由診療をした方がいいよ!という立ち位置ではない事を

改めて共有しておきます。

非薬物療法に関しても、

医学的にエビデンスがある程度確立しているものをご用意しています。

他の医院で既に治療中の方も、是非当院をご利用下さい。

薬物療法から抜け出す為にできること

当院は、ストレスに対する免疫力をつける認知行動療法を

受ける事ができます。

また、経頭蓋直流電気刺激:tDCSは、

ストレスからうつ病になりやすい方のセルフメンテナンス法として

優れた効果が認められつつあります。

また、今精神的な症状で困っているけど、

病院を受診するレベルかわからない、あるいは受診したくない、

という方もいるでしょう。

そのような方にとっては、

以下のWebサイト「こころのネット外来HOSPORTAL」

が参考になると思います(https://u-t-u.net/)。

このサイトは、精神疾患の詳細な自己診断ができるだけでなく、

その精神疾患の場合自宅で取り組んだ方がいい事が

最新のエビデンスに沿って紹介してあります。

私もストレス免疫をつけるための指導を患者さんに行なっておりますが、

その参考にしているサイトです。

既に薬物療法を行なっている患者さんにも役立つ方法ですよ。

このような自分でできる知識をつけておくのも、

薬から離れていく為に大切ですね。

それでは、皆さん。お大事に。

更新:2020.9.2

 

>

ライトメンタルクリニック 高田馬場院 
東京都新宿区西早稲田3丁目20-3レガリアタワーレジデンスB1F
TEL 03-6457-6040
診療日・時間 月~木及び土19:00~23:00 
※祝は原則診療
診療科目 心療内科、精神科

ライトメンタルクリニックは、新宿・高田馬場にて夜間診療を行っている精神科・心療内科クリニックです。次に掲げる考え方のもと、「夜間診療中心」「非薬物療法の充実」「遠隔診療の実施」「正確な診断」の4つを特徴とし、精神科・心療内科受診に抵抗のある方にこそ選ばれる医院を目指しております。
1.心身に不調を感じているにもかかわらず、日中忙しいことにより精神科・心療内科の受診を躊躇する方のニーズに応えるため、当院は夜間診療を中心に行っています。
2.副作用のリスク等から、薬物療法に抵抗感を感じる方にも精神科・心療内科の受診を検討いただけるよう、非薬物療法を充実させています。
3.通院が困難な方のニーズに応えるため、オンライン診療を実施しています。
4.Web問診ツールを活用した独自の分析を用い、より多くの情報を分析することで、正確な診断を行うことが可能です。
このほか、夜間のひとときをリラックスしてお過ごしいただけるための環境整備に努めてまいります。