自由診療の闇。

皆さんお加減どうですか?

どうも、夜の院長です。

今日は、医療の少しブラックな面について、

触れていきたいと思います。

保険診療・自由診療とは?

突然ですが当院は、保険診療と自由診療、どちらも導入しているクリニックです。

保険診療とはそもそも、蓄積されたエビデンスに基づく、国が認めた治療です。

患者さんは、国民の税金から7割の補助を受けて、実質3割の負担で治療の恩恵を受けることができます。

しかし、公費を使う分、際限なく、患者さんの欲しいままに治療を受けることはできず、

その適応の可否は医師の判断に委ねられるところもあります(当院では薬物療法外来で保険診療を行っております)。

 

そうなると、患者さんとしては

「この薬が欲しいのに!」

「こんな治療を受けたいのに!」

という自由意志に基づいて治療を受けたいというニーズが生まれます。

これに対応するのが、自由診療です。

自由診療では、まだ十分エビデンスが蓄積していない先進医療、美容医療など幅広い治療選択から、

自分の希望どおりに医療を受ける事ができます。

しかし、公費を使うことはできないので、患者さんの負担は10割となり、経済的負担が大きくなってしまいます(当院ではtDCSや心理療法、痩身外来でのオゼンピックが自由診療となります)。

自由診療の闇

さて、この自由診療ですが、実は医院によって自由にコストが決められるようになっています。

美容外科、インプラント手術などを検討された方は、

「なんでこんなにも医院で値段が違うんだ…?」

って思った事もおありでしょう。

医師の腕前の差でしょうか。もしくは、使っている機材の差でしょうか。

いいえ、それは

 

誰にもわからない

 

のです。

「高いのだから、それなりの理由があるのだろう」

という考えは危険です。

この私も自由診療のクリニックでいくつか勤務した事があるのですが、

腕がよくて、機材が高くても安くやっているクリニックもあれば、

腕もいまいちで機材費も大してかかっていないのに、値段を高く設定しているところもありました。

医師も営業マンと同じく、患者さんに営業して、いかに価値の高い医療に見せるか努力しています。

そう、自由診療とは、全くのビジネスの世界なのです。

しかもタチの悪い事に、医療の世界はブラックボックス。

専門性が高すぎて、高値の理由を説明されてもそれに理論的に反論できる人間など、

同じ業界の医師など、一握りの人間しかいません。

 

卑劣な例では、患者さんが知識のない事を良いことに、大して効果のない治療を

如何にも効果的かのように、誇大的に説明し、

高値で行う医療機関も存在します。

 

ですので、個人的には、

高くて腕の悪い医師のところで治療を受けるよりは、

安くて腕の悪い医師のところで治療を受けたほうが、

損をするリスクが少ないのかな、と感じております。

 

あ。

ところで当院は、低価格にこだわるクリニックでしたね?

損をしたくない人は・・・安いところで治療を受ける!

そこんとこ宜しくお願いします!(笑)

 

それでは皆さん、お大事に。

>

ライトメンタルクリニック 高田馬場院 
東京都新宿区西早稲田3丁目20-3レガリアタワーレジデンスB1F
TEL 03-6457-6040
診療日・時間 月~木及び土19:00~23:00 
※祝は原則診療
診療科目 心療内科、精神科

ライトメンタルクリニックは、新宿・高田馬場にて夜間診療を行っている精神科・心療内科クリニックです。次に掲げる考え方のもと、「夜間診療中心」「非薬物療法の充実」「遠隔診療の実施」「正確な診断」の4つを特徴とし、精神科・心療内科受診に抵抗のある方にこそ選ばれる医院を目指しております。
1.心身に不調を感じているにもかかわらず、日中忙しいことにより精神科・心療内科の受診を躊躇する方のニーズに応えるため、当院は夜間診療を中心に行っています。
2.副作用のリスク等から、薬物療法に抵抗感を感じる方にも精神科・心療内科の受診を検討いただけるよう、非薬物療法を充実させています。
3.通院が困難な方のニーズに応えるため、オンライン診療を実施しています。
4.Web問診ツールを活用した独自の分析を用い、より多くの情報を分析することで、正確な診断を行うことが可能です。
このほか、夜間のひとときをリラックスしてお過ごしいただけるための環境整備に努めてまいります。